2020年 10月 23日 (金)

東京都医師会長「警告の真意」と「首都の現状」 FB投稿が反響、尾崎治夫氏に聞く

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「東京都医師会長から都民の方にお願い」――。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、こんなタイトルで、尾崎治夫会長がフェイスブックに投稿した呼びかけが反響を呼んでいる。

   そこでは、差し迫った危機を訴え、拡大防止への協力を求めている。尾崎会長に現在の状況について話を聞いた。

  • 尾崎治夫会長によるフェイスブック投稿
    尾崎治夫会長によるフェイスブック投稿
  • 尾崎治夫会長によるフェイスブック投稿

「ここ数日の東京都の感染者の増加は尋常ではありません」

「都内の繁華街やお花見の様子を見ますと、人混みから感染が広がって、家にいる高齢者にも移る流れになる恐れがあります。そのことを感じてもらおうと、今回、フェイスブックに出すことにしました」

   都医師会の尾崎会長は2020年3月27日、J-CASTニュースの取材にこう明かした。

   フェイスブックでは、会長室にあるというペットロボットに撮影してもらった自らの微笑み写真を26日にアップして、こう切り出した。

「...平和ですね。でもこうした平和が、あと2、3週間で崩壊するかもしれません」

   尾崎会長は、この警告に続いて、こう現状を述べた。

「ここ数日の東京都の感染者の増加は尋常ではありません。心配です。新型コロナ感染は、多くの皆さんの想像を超えた広がりを示しています。医療提供体制の再構築も急務になっていて、そこは、我々の義務ですので、いま頑張っています」

   そのうえで、「皆さんへのお願い」として、こう訴えた。

「いろいろな自粛活動で、経済がダメになるじゃないか。もう、家にいるのも飽きてしまった...。よくわかります。でも今の状態を放っておいて、例えばイタリアの様になったら、経済はもっともっとひどくになるのではないでしょうか。皆さんの生活ももっと大変な状態になるのでは...。感染者のかずが急増し始めた、今が踏ん張りどころなのです」

   大学生から40歳代の人が無症状や軽い風邪だと思った状態でアクティブになることが大きな原因と言われているとして、こう締め括っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中