2020年 8月 4日 (火)

「スマート農業」で若手を振り向かせたい! CG農園で収穫テスト、QRで樹木管理...技術開発進む

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

アルゴリズムで野菜を大量生成

   若手技術者に農業分野へ興味を持ってもらうための工夫も進む。プラスプラス(岩手県盛岡市)は、仮想空間の農園で農業用ロボットの挙動を開発できるシミュレーター「Smart3tene(スマート・ミテネ)」の開発を進めている。同シミュレーターは3DCGで表現した仮想空間に、アルゴリズムを使って樹木や果実、野菜を大量に生成した農園を再現する。仮想のロボットを使って摘果や収穫をシミュレーションすることで、ロボ開発の効率化やコスト削減につながる。農業分野での同様のシミュレーターは珍しいという。

   同システムは、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の若手技術者にもスマート農業を知ってもらうため、仮想空間内のロボットを擬人化して、作業状況を確認できる機能を搭載した。同社は「若い技術者にもスマート農業を認知してほしい。幼い頃からアニメーションが身近にある若手技術者にリーチできれば」と期待を込める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中