2020年 11月 26日 (木)

阪神、食事会参加の4選手は? 未公表もメディア関係者「名前が出るのは時間の問題」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の阪神の新型コロナウイルス問題が大きな波紋を広げている。阪神は2020年3月27日に、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表。これを受けて他球団は全体練習、練習試合などの中止を決定するなど対応に追われ、球界を巻き込んでの騒動に発展している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

食事会は参加者12人以上の可能性も

   今回の騒動において、焦点となるのが14日に開かれた食事会だ。当初の球団発表によれば、食事会に参加したのは、チームの7選手と社外の5人、計12人だった。ところが、29日の段階で食事会に参加した人数が12人を超える可能性が浮上。さらに食事会に参加した大阪府の20代女性2人、神戸市内の20代女性1人がウイルスに感染したことが判明し、少なくとも3人の20代女性を交えた食事会であったことが明らかになった。

   阪神は食事会に参加した7選手のうち、実名を公表しているのはウイルスに感染した藤浪、伊藤、長坂の3人のみ。残る4選手は現時点でウイルス感染の症状がなく、PCR検査を受ける予定がないことから実名は伏せられている。日本野球機構(NPB)と12球団の間では、PCR検査を受けることが決まった場合に実名を公表することが確認されており、ルール上は何ら問題ない。

   一方で阪神を取材する関西のメディア関係者は、残りの4選手について「どの媒体で報道されるか分かりませんが、メディアで名前が出るのは時間の問題でしょう」とした上で、情報を伏せることへのリスクを指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中