2020年 10月 23日 (金)

阪神コロナ問題このまま「幕引き」? 残る4選手も非公表のまま...管理・発信に課題も

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   プロ野球の阪神は2020年3月30日、球団の緊急役員会を開き、チームの活動停止期間を継続することを決定した。球団は当初、4月1日まで活動を停止する方針だったが、これをさらに1週間程度延長する。

   阪神からは、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手に新型コロナウイルスの感染が確認されている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

練習再開は早くとも4月9日以降に

   チームから3人のウイルス感染者が出たことで現在、監督、コーチをはじめ選手、スタッフは原則自宅待機となっている。予定では4月2日から練習を再開することになっていたが、チーム内の濃厚接触を避けるため活動停止期間の延長を決定。活動再開は早くて4月9日以降となる見通しで、球団はこの期間中、不要不急の外出を控えるよう指示を出した。

   活動停止期間の延期の流れは他球団にもおよび、多くの球団が3月末から4月6日までの間、全体練習を中止している。阪神から出たウイルス感染者の影響を大きく受ける中日の与田剛監督(54)は、練習の中止、再開の時期に関して「12球団で考え方を統一してくれた方がいい」と持論を述べ、開幕へ向けて12球団が同じ条件のもと進むことを望んだ。

   今回の阪神のウイルス感染問題は、プロ野球の公式戦開幕にも影響を及ぼしかねない。阪神は選手のPCR検査、陽性反応が判明した時の実名公表など専門家の提言に沿って対処してきたが、一方で選手の外出については選手に自粛を呼びかけるにとどまり、球界関係者から管理体制の「甘さ」を指摘されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中