2020年 10月 23日 (金)

枝野氏、消費減税やはり消極的「今論じている時期ではない」 党内から提言出るが...

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   立憲民主党の枝野幸男代表は2020年4月3日の定例会見で、新型ウイルス感染拡大をめぐる政府の経済対策について、「従来の経済対策の延長線上と言わざるを得ず、今の状況と全くマッチしていない」などと批判した。

   経済対策をめぐっては、党内からも現金の一律給付に加えて、消費税率の引き下げを求める声があがっている。枝野氏は現金給付は必要だとする一方で、消費減税については「消費を拡大させるという一般的な経済対策について、今論じている時期ではない」として、現時点では否定的な考えを改めて示した。

  • マスク姿で記者会見に臨む立憲民主党の枝野幸男代表
    マスク姿で記者会見に臨む立憲民主党の枝野幸男代表
  • 記者も1席ずつ空けて着席した
    記者も1席ずつ空けて着席した
  • マスク姿で記者会見に臨む立憲民主党の枝野幸男代表
  • 記者も1席ずつ空けて着席した

「1世帯30万円」は「歓迎すべきこと」だが...

   枝野氏は政府の経済対策について、

「今求められているのは、いわゆる景気・経済対策ではない。困窮対策であり、緊急政策支援策、緊急経営維持施策だ。残念ながら政府から伝えられている経済対策は、従来の経済対策の延長線上と言わざるを得ず、今の状況と全くマッチしていない」

などと批判。

   対象や額をめぐる議論が続いている現金給付については、安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長が4月3日の会談で、所得が減少した世帯を対象に1世帯あたり30万円を給付する方針で一致した。枝野氏はこの点について、

「金額が大きくなるということは、困窮の度が大きな皆さんのことを考えれば歓迎すべきこと」

だと一定の評価をした上で、

「だが、具体的にはいつまでに払えるのか、そしてどういう対象に支払うのか。そして(給付は)『世帯あたり』ということになっているが、単身世帯もいるだろうし、お子さんなどを扶養されている方もいる。収入が大幅に減った、というような要件を厳格に審査しようとすれば、相当な時間がかかることになる」

などとして、「迅速な対応」を改めて求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中