2020年 10月 23日 (金)

エンタメ業界への補償を求める芸能人は、なぜバッシングされるのか

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   新型コロナウイルス感染拡大に伴い、エンタメ業界が打撃を受けている。業界への「補償」を求める声は相次いで上がっており、有名芸能人やアーティストなども、ネットなどを通じ、政府に、一刻も早い対応を訴える。

   こうした声はツイッターをはじめとするツイッターやメディアでは、総じて好意的に受け止められている。ところが、別のネットコミュニティー、たとえば「ガールズちゃんねる」のような匿名掲示板では、激しいバッシングさえ受けていることをご存じだろうか。

   なぜ、「補償」を求める芸能人たちは叩かれるのだろうか。心理学、ネット文化の両面から、識者に話を聞いた。

  • つらいのは、お前だけじゃない!?(写真はイメージ)
    つらいのは、お前だけじゃない!?(写真はイメージ)
  • つらいのは、お前だけじゃない!?(写真はイメージ)

ツイッター上では絶賛を浴びていた井口さんの発言だが...

   典型的な例が、King Gnuの井口理さん(26)が2020年3月28日に行ったツイートへの反応だ。

   井口さんが行ったのは、「すでにみんな1ヶ月仕事を失ってるんだから一刻も早く補償をしましょうよ!」というツイート。

   この発言が出るきっかけとなったのは、27日に文化庁の宮田亮平長官が発表した「文化芸術に関わる全ての皆様へ」とするメッセージに対して、具体的施策がないとする声が盛り上がったこと。同メッセージには、「日本の芸術文化の火を消してまなりません」「明けない夜はありません!」といった文言はあるものの、具体的な補償に関する文言はなかったため、ツイッター上で話題になるなどしており、井口さんもそれに賛同したかたちだ。

   井口さんのツイートには、「音楽は明日を生きる大きな糧となるのに多くの芸術が潰れてしまわないよう早く補償してあげてほしい」といった、井口さんの意見に賛同するリプライが続々。「井口さんみたいにアーティスト側、本人がこうやって発信することが大切だと思います」と、その勇気を讃える声も寄せられている。

   ところが、女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のスレッドを見てみると......先程の声とは打って変わって「うるさいな。ギャーギャー騒ぐなよ。 皆大変なのは同じだよ」といった辛辣な声が続々。「全ての分野に補償は無理だよ。それこそ日本崩壊よ」と、新型コロナウイルスとの戦いとは直接関係ない業界への補償は害悪であるとする声すら上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中