2020年 8月 12日 (水)

「再放送」で危機感共有? テレビ局の新型コロナ対策、「仕事量削るべき」論も

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

坂上忍「テレビ番組の対応が遅いんじゃないか」

   また、6日放送のトークバラエティ「バイキング」(フジテレビ系)では番組後半、オンラインで出演者8人を結んで事前に行った議論を披露した。コロナ対策に関する各テレビ局の対応について、MCの坂上忍さんは、

「ぶっちゃけ言いますけど、テレビ番組の対応が遅いんじゃないか」
「演者さんを守るためにも、(編注:延期や中止などの)番組判断が、というのが先にあるべきじゃないですか」

と指摘した。さらにお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんは、

「どうせやったら一気に全部ストップで、全て再放送となるのが、見てる人にも『マジにやらな、あかんねんな』という...」

と、「再放送」によって視聴者と危機感を共有する必要性に言及した。坂上さんも

「今は報道・情報は、それはあり。それ以外は再放送か、黒み(真っ黒な画面)でもいいと思う。それぐらいで危機感を訴えるって、(そうした行動が)いる」
「(番組で危険性を訴えている自分たちの行動が、視聴者より)先に行ってないと」

と、やはり「危機感」に触れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中