2020年 12月 2日 (水)

感染収束の北京は今でもコロナ厳戒 「緊急事態」東京より強い規制

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年4月7日に日本では東京など7都府県に緊急事態宣言が出た。その翌日の8日、中国の武漢は76日間の都市閉鎖(ロックダウン)が解除され、自動車が市外に出られるようになり、高速鉄道(新幹線)も武漢駅で止まるようになり、乗客が乗り降りできるようになった。

   日本の緊急事態宣言は都市閉鎖とは違うが、武漢の76日間の都市閉鎖によって、武漢以外の中国社会は大きく変化した。感染の拡大は収まったとされる首都・北京では、緊急事態宣言の東京に比べても新型コロナウイルスに対する厳戒態勢が続いているのだ。

  • 北京の団地の外でずらりと並ぶ宅急便の三輪車。中には入れないため、電話をして取りにきてもらう(2020年4月9日、筆者撮影)
    北京の団地の外でずらりと並ぶ宅急便の三輪車。中には入れないため、電話をして取りにきてもらう(2020年4月9日、筆者撮影)
  • 北京の団地の外でずらりと並ぶ宅急便の三輪車。中には入れないため、電話をして取りにきてもらう(2020年4月9日、筆者撮影)

武漢の高速道路はシャケの遡上状態

   4月7日23時半から多くの中国市民はテレビに釘づけになっていた。8日零時から武漢の高速道路が一般車両も通行できるようになるからだ。零時になると、武漢から市外に出る高速道路のゲートが上がり、車が河口から遡上するシャケのように群がって武漢以外の地方へ流れていった。

   武漢市の真ん中を流れる長江の上で、突然、巨大な文字が光る。

「武漢、加油(がんばれ)」
「武漢、謝謝(ありがとう)」

   両岸のビルも一斉にネオンがつけられ、晴れやかな気分の武漢に戻った。

   深圳の企業が1000機のドローンを長江の上を飛ばし、時には文字、時には武漢のシンボルである黄鶴楼などの形にして市民を喜ばせた。

   76日間、武漢では、5万7人が新型コロナ肺炎に感染し、そのうち2574人が死亡するという巨大な犠牲を払った。このほかに、どのぐらいの人が春節の帰省からの2か月あまり、自宅や勤務先に帰れなかったか、また、どのぐらいの旅行者、出張者が武漢で足を止められ、最後に金も尽き、泊まるホテルもなく、どこかのビルの下で寒さをしのいだのかは、はかり知れない。ロックダウンから解放される喜びはテレビで見た人が体感できるものではない。

   ただ、武漢からの出入りは完全に自由になったわけではない。8日以降、14日間、新規患者が出ていない団地の住人は、身分証明書のIDと携帯電話番号を入力すれば、WeChatかアリペイのアプリで自動的にグリーンコードの健康証明書がスマホに発行されるようになった。これがあれば、武漢以外のところには出られる。

   しかし、まだ14日の感染の可能性があって隔離が終わっていない人は、黄色のコードの健康証明書しかもらえず、武漢からは出られない。新型肺炎の患者は赤いコードとなっている。

   このように、武漢という巨大な犠牲をはらって新型コロナウイルスはその他の省などに飛び火せず、全中国の安全が守られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中