2020年 7月 3日 (金)

スギ薬局、行列「感染リスク」に苦肉の策 マスク・消毒液は開店直後に売りません、問い合わせもやめて!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドラッグストア「スギ薬局」などを展開するスギホールディングスは2020年4月10日から、マスクや消毒用アルコールなどウイルス対策商品の開店時の販売を止めた。在庫の問い合わせも受け付けないとする。

   同社によれば、早朝から行列ができて感染リスクが高いため、苦肉の策で決めたという。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

まるで花見?ブルーシート客も

   決定は9日、スギ薬局の公式サイトで発表された。開店時の「マスク・ウイルス関連商材」の販売をいったん中止し、今後は営業時間内で不定期に販売する。

   スギホールディングス広報室は10日、J-CASTニュースの取材に「一番には感染拡大防止が目的です。お年寄りもいますし、(行列での)感染リスクは高い」と話す。

   新型コロナウイルスの感染拡大後、開店前から行列ができてしまう店があり、中には早朝からブルーシートを敷いて待つ客もいるという。

   マスクと消毒用アルコールを買い求める客が多く、「マスクは少量ですが毎日入ってくるものの、アルコールは入荷自体ほとんどない」と需要に追いついていない事情もある。

   発表では「混乱を避けるため、販売日・販売時間・在庫状況のお問い合わせには、お答えいたしかねます」「店内でお待ちいただくことは、ご遠慮いただきますようお願いいたします」とも呼びかける。

「現場や本社に入荷の問い合わせも多いのですが、それに応じてしまうと朝並んでいるのとまったく同じになってしまいます。朝が昼になるか夜になるかですので」(広報室)

   開店前にマスクや消毒液の販売をやめる動きは、ツルハドラッグ、サッポロドラッグストアー、杏林堂薬局など薬局で広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中