2020年 9月 24日 (木)

増税×暖冬×新型コロナでアパレル大打撃 テコ入れに向け「背水の陣」か

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   新型コロナウイルスの感染拡大は、もともと消費税率アップや暖冬などで苦境にあった大手アパレル各社に、さらなる打撃を与えている。2020年3月の既存店売上高はレナウンが前年同月比42.5%減、ワールドが41.9%減と「需要蒸発」とも言える事態。百貨店を主な販売ルートとする各社は長年、株式市場などからネット通販の強化や事業の多角化を求められてきたが、十分には進んでいないこともダメージを大きくしているようだ。

  • アパレルにもコロナ禍が
    アパレルにもコロナ禍が
  • アパレルにもコロナ禍が

ローラアシュレイ破綻で出鼻をくじく

「当月(3月)は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、商業施設での時短営業に加え、月末には都市部の百貨店やファッションビルでの営業自粛も増加し、集客面を中心として大きな打撃になりました」

   ワールドは4月3日に発表した3月の月次売上概況について、率直にこうコメントした。3月期決算のワールドにとって3月は年度の最終月。その既存店売上高の前年同月比41.9%減という数字は、12カ月を振り返ってみて異次元だ。3月以外で最も低い、消費増税の影響を受けた2019年10月でも12.7%減にとどまる。4月以降も主要販路が百貨店であるだけに販売の低調さが続く見込みで、まさに出口が見えない状況と言える。

   もっとも、ワールドは大手4社の中では足元の業績は好調だった。2005年にMBO(経営陣による買収)で非上場化し、2018年に再上場するまでの間、在庫管理の効率化などを進めて利益を出しやすい体質にした効果が出たとされている。2020年3月期連結決算の最終利益の見通しは前期比33.1%増の122億円。3月の惨状を受けてどう着地するか予断は許さないが、多少下振れたとしても赤字転落とまでは見られていない。ただ、コロナは思わぬ余波をももたらした。英生活雑貨ブランド「ローラアシュレイ」の国内店舗を8月から運営する予定だったが、そのローラアシュレイが3月、新型コロナの影響で経営破綻したと伝えられた。収益源を多角化すると評価されていただけに、出端をくじかれた格好だ。なお一方で、日本での展開は予定通りとも報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中