2020年 7月 13日 (月)

ニッポン放送から女子プロレス、異色の転身 54歳の元ラジオマンは「第二の人生」を選んだ

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   新たな職場は道場の階上にある。インタビューの場所に指定された事務所に入ると、三島通義氏(54)が温かい笑顔で迎えてくれた。

   差し出された真新しい名刺に役職はない。「有限会社ネオプラス」アイスリボン事業部・三島通義。これが三島氏の選んだ第二の人生の「肩書」である。

  • ニッポン放送から女子プロレス界に転身した三島氏(右)と藤本さん
    ニッポン放送から女子プロレス界に転身した三島氏(右)と藤本さん
  • ニッポン放送から女子プロレス界に転身した三島氏(右)と藤本さん

看板番組「オールナイトニッポン」のディレクターも

   三島氏はこの春、大手ラジオ局のニッポン放送を早期退職して、女子プロレス団体「アイスリボン」に再就職した。退職に合わせて2020年1月1日付けで役職が外れ、退職時の肩書は「コンテンツビジネス局メディアプロデュース部担当副部長」だった。営業の売り上げ、番組やCMの管理を行う部署で、部下を統轄する立場にあったという。

   1988年4月にニッポン放送に入社した三島氏は、営業部を経て編成局報道部の記者、報道番組のディレクターを務め、警視庁担当時代はオウム真理教事件など様々な事件を取材してきた。それから秘書室、イベント部、制作部などを歴任し、ディレクターとして人気番組「オールナイトニッポン」にも携わった。

   ラジオマンとして輝かしい職歴を残し、順風満帆な人生を歩んできたと思える54歳に、何が転職を決意させたのか。三島氏は退職から再就職までの経緯を次のように語った。

「私は常々、40代後半から50代というのは、今まで培ってきた経験と知識と自信を持ってサラリーマン生活の最後に向かって自分も働き、後輩を指導し、そこで新しく直面することを経験に基づいて対応していくものだと思っておりました。自分はそうでありたいと思っていました。ところが、まったく知識も経験もない部署に異動になり、自分の思惑とは全く異なりました。いざ仕事をしてみると、自分に知識や経験値がない。何よりも自分の判断に自信が持てない。そうなると周りに迷惑をかけますし、定年まであと数年と考えた時に、人生を一度リセットしたいと思いました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中