2020年 11月 28日 (土)

「県外出たら退学」...奥羽大学「行き過ぎた」メール謝罪 送信教員は「深く反省している」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   奥羽大学(福島県郡山市)は、所属する教員が一部の学生に向けて、5月6日までに福島県外へ出た場合「退学処分」とする旨のメールを送っていたことについて「行き過ぎた表現」だったとして、2020年4月14日に公式サイト上で謝罪した。

   メールの内容は4月13日頃からツイッター上で拡散され、処分内容の妥当性が議論になっていた。

  • 奥羽大学の公式サイト
    奥羽大学の公式サイト
  • 奥羽大学が「お詫び」を掲載(奥羽大学の公式サイトより)
    奥羽大学が「お詫び」を掲載(奥羽大学の公式サイトより)
  • 奥羽大学の公式サイト
  • 奥羽大学が「お詫び」を掲載(奥羽大学の公式サイトより)

退学処分は「本学の方針ではない」

   奥羽大学への14日の取材によれば、メールは歯学部成長発育歯学講座歯科矯正学分野の教員が4月10日に歯学部の第4学年生に向けて送ったもの。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて学生への対応を呼びかける文章の中で、

「5月6日までは福島県外へ出ないようにしてください。緊急事態宣言実施地区以外でも遵守してください。発覚した場合は退学処分となります」

と記していた。

   ツイッター上では13日頃からこのメールが拡散され、「厳しすぎ」「(感染対策として)仕方ないよなあ」などの意見があがっていた。

   メールの拡散を受け、大学は14日に公式サイトを通じて「学生への配信メールに関する訂正とお詫び」を掲載した。大学が新型コロナ措置法に基づく緊急事態宣言地域への往来を自粛するよう強く要請する中で「本学教員から学生に発したメールの一部に、退学処分という行き過ぎた表現があった」ことを明らかにした上で、以下のようにコメントした。

「この退学処分という表現は、本学の方針ではなく、訂正いたしますとともに、関係する皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたします。今後、このような不祥事がないように取り組んで参ります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中