2020年 7月 9日 (木)

不要不急の外出で「罰金2万円」 シンガポールの厳しい取り締まり...効果は?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「罰金大国」として知られるシンガポールが、新型コロナウイルス対策でもその本領を発揮している。

   シンガポール政府は不要不急の外出をしないように求めており、従わない人には取締官が警告文書を渡してきた。だが、「多くの人が対策を真剣に受け止めていない」として、違反者には300シンガポールドル(約2万2800円)の罰金という強硬策がスタート。この対応が始まった初日だけで約200件が摘発された。

  • 上半分が4月10日、下半分が罰金刑の運用が始まった4月12日の市場の様子。マサゴス・ズルキフリ環境・水資源相がフェイスブックに投稿した
    上半分が4月10日、下半分が罰金刑の運用が始まった4月12日の市場の様子。マサゴス・ズルキフリ環境・水資源相がフェイスブックに投稿した
  • 上半分が4月10日、下半分が罰金刑の運用が始まった4月12日の市場の様子。マサゴス・ズルキフリ環境・水資源相がフェイスブックに投稿した

厳重注意3000件で「明らかに厳罰が必要」

   シンガポールでは、感染拡大を受けてリー・シェンロン首相が2020年4月3日にビデオ演説を行い、4月7日から5月4日にかけて、生活に不可欠な業種を除く大半の民間企業のオフィスを閉鎖するように求めた。この対応は、株式市場で株価が大幅に変動した場合に強制的に取引を止める措置になぞらえて「サーキットブレーカー」と呼んでいる。

   「サーキットプレーカー」では、(1)通院や食料の買い出しなどを除く外出をしない(2)家族とも接触を制限する(3)集会をしない(4)屋外でも他者と最低1メートル開ける(5)食堂で飲食をせずに持ち帰りか宅配を利用する、といった対応も求めている。

   だが、これは現時点では徹底されていない模様で、マサゴス・ズルキフリ環境・水資源相は4月11日のフェイスブックの書き込みで、この日だけで厳重注意が3000件にのぼったとして「明らかに厳罰が必要」だと表明。4月12日から、違反者には警告文書を渡さずに300シンガポールドルの罰金を科すことにした。これは「初犯」の場合で、「再犯」の場合はさらに高額な罰金や、悪質なケースでは起訴されて裁判にかけられる可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中