2020年 9月 28日 (月)

今度は所属議員が「セクキャバ」通い 支持率低迷の立憲民主に「大逆風」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスをめぐる政府の対応に批判が集まる一方で、野党もその受け皿になれていない。

   特に第一党の立憲民主党は世論調査によっては支持率を落としている上、立憲所属の高井崇志衆院議員が、緊急事態宣言発出後に東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ(セクキャバ)」と呼ばれる風俗店に行っていたことが発覚。さらに立憲への逆風は強まりそうだ。高井氏は離党届を提出したが、党は受理はせずに、除名にあたる除籍処分を決めた。

  • 野党は批判の受け皿になれるのか(写真はイメージ)
    野党は批判の受け皿になれるのか(写真はイメージ)
  • 野党は批判の受け皿になれるのか(写真はイメージ)

2月末には安倍首相の会食ペースを「ちょっと異常」と非難していた

   高井氏の「セクキャバ」行きは2020年4月14日、週刊新潮と週刊文春がウェブサイトで報じた。両誌によると、緊急事態宣言が出た2日後の9日だった。

   立憲の福山哲郎幹事長は15日、高井氏が事実関係を認めて14日に離党届が提出されたことを記者団に対して明らかにした上で、「言語道断。国民の皆さんに不快な思いをさせた」などと陳謝した。離党届を受理するかは近く対応を決める。

   高井氏は2月28日の衆院総務委員会で、安倍晋三首相の会食が多いことについて

「こういう状況で、今、民間企業が飲み会自粛にどんどんなっているんですよ。町に行ったら、ほとんど居酒屋さんとか空いているのですよ。こういう状況の中で、総理が11日間中9日間会食というのはやはり...。そして、2月12日から数えたのですけれども、2月12日には、もうすでに200(人)感染者が出ている、そういうときから数えてこれだけ会食されるというのは、私はちょっと異常だと思います。せめて今後、会食を自粛される考えはありませんか」

などと問題視。国会での発言と矛盾した行動をしていたことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中