2020年 11月 24日 (火)

無言レジ、小さな防御シート... 対策不評の100均「セリア」が改善明言

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   新型コロナウイルスの感染防止対策として、100均ショップ「セリア」がレジであいさつなしの無言対応をしたり小さな防御シートを設置したりしたことについて、店員や客からクレームが相次いでいる。

   これに対し、セリアは、誤解を生むなどしたとして、こうした対応を改善することをJ-CASTニュースの取材に明らかにした。

  • セリア公式サイトより
    セリア公式サイトより
  • セリア公式サイトより

半透明の下敷きのようなシートが、レジの上から吊る下げられ

   何やら半透明の下敷きのようなシート(横50センチ、縦35センチ)が、レジの上から吊る下げられている。

   これは、セリアが2020年4月16日ごろから全国各地の店舗で始めた感染防止の取り組みだ。

   また、14日ごろからは、「飛沫感染等防止のためのお願い」と大きく書かれたポップの張り紙がレジなどに掲げられ、そこでは、「会話を極力減らすため あいさつ・金額のお伝えは控えさせていただきます」などとあった。

   こうした対応について、ツイッター上では、店員や関係者だとする人らから、不満の書き込みが相次いでいる。

   レジに透明なテーブルクロスなどを張ったのに会社からは前出のシートにするよう指示された、無言でレジをして客に「ありがとう」の一言も言えないのはつらい、といったものだ。小さなシートでは飛沫感染を防げるとも思えないし、無言で接客するため客から苦情を言われてしまうといった声が出ている。

   J-CASTニュースが情報提供を求めてサイト上に設けた情報提供フォームにも、各地からセリアの店員だとする人からの読者投稿が相次いだ。

   セリアでパート従業員をしているという男性は17日、レジに吊る下げたシートは小さすぎると指摘し、ジェスチャーだけでレジをするように言われたとして、会社への不満をぶつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中