2020年 11月 26日 (木)

原油価格マイナスで「逆オイルショック」トレンドに 「石油王を飲んで応援」「原油売りの少女」などネタ投稿続々

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   米ニューヨークの原油先物市場は2020年4月20日、取引価格を史上初めての「マイナス」で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞し、石油の需要が減少したことが影響している。

   前代未聞の「珍事」を受け、日本のツイッターでは「逆オイルショック」や「石油王」が一時トレンド入りするなど、一部ユーザーの間で「大喜利」が繰り広げられている。

  • 原油価格マイナスでツイッターが大喜利状態に(画像はイメージ)
    原油価格マイナスでツイッターが大喜利状態に(画像はイメージ)
  • 原油価格マイナスでツイッターが大喜利状態に(画像はイメージ)

トイレットペーパーはどうなる

   米原油価格の指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は、受け渡しをするオクラホマ州クッシングの貯蔵施設が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた石油需要の減少によって5月中にも満杯になると言われている。そうした中、20日は原油の保管コストなどを懸念するトレーダーの間で翌21日に取引期限を迎える「5月物」の売りが相次ぎ、最終的には1バレルあたりマイナス37.63ドルで取引を終えた。

   原油価格がマイナスになったのは史上初めてのことだ。日本のツイッターでは、原油価格が高騰した1973年の「オイルショック」になぞらえた「逆オイルショック」や、「石油王」といったワードが21日午前にトレンド入りした。

   ツイッターユーザーの間では、オイルショックを象徴とする出来事として伝えられる「トイレットペーパーの買い占め」を引き合いに、

「スーパーから大量のトイレットペーパーが溢れ出てきて街を埋め尽くす」
「民衆がトイレットペーパーをひたすら売り場棚に置きはじめる」

   など、当時とは「真逆」の現象の発生を予想するツイートがみられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中