2020年 6月 1日 (月)

ウイルスの次に「あいつ」がやってくる 日本赤十字社が警鐘、アニメで啓蒙

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本赤十字社は2020年4月21日、「ウイルスの次にやってくるもの」と題した動画を公開した。

   新型コロナウイルスの感染拡大で起きる"真の恐怖"をアニメーションで伝え、視聴者からは「人の弱いところを気づかせてくれる」「今、必要なメッセージ」などと共感を集めている。

  • 日本赤十字社の動画より
    日本赤十字社の動画より
  • 日本赤十字社の動画より

ウイルスのように伝染

   3分ほどの動画では、ウイルス以上に怖い存在があるかもしれない、とほのめかすシーンから始まる。

   登場人物の男性に黒い影がつきまとい、「そいつはお腹を空かせているみたいで、暗いニュースや間違った情報をたくさん食べて」どんどん大きくなっていく。

   そして"そいつ"はささやくーー。「『もうみんな助からない』と」「誰にもまだわからないことを『誰かが隠しているのだ』と」。悲観論や陰謀論が飛び交う今の世相を反映した描写だ。

   "そいつ"はウイルスのように伝染し、「ウイルスが広まったのはあいつのせいだ!」「世界がこうなったのはあいつのせいだ!」と分断を引き起こす。

   さらには、脅してくることも。「もしも感染していたらどうする?」「あんな風に言われたらどうする?」。その結果、体調が悪くても隠してしまい、誰がコロナウイルスに感染したか分からなくなってしまう。

   すくすくと育ち、人格を持った"そいつ"は最後、人間を飲み込んで"モンスター"に変貌する。そいつの正体は「恐怖」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中