2020年 11月 26日 (木)

感染の恐怖に「接客中に声が震えてしまう」 飲食業界、店員がネットで明かす本音 危機感ない客、営業強行する上層部...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスが蔓延する中、社会を維持する最前線で働く人の声が、J-CASTニュースがサイト上に設置した投稿フォームに、日々寄せられている。

   家にいることが推奨される今も、物流を維持するために店舗で働かなければならない人々がいる。さまざまな業界から苦しい「本音」が寄せられる中、飲食店で働いているという人たちからもリアルな声が届いた。

  • 近距離での接触の危険にさらされている飲食店の現場
    近距離での接触の危険にさらされている飲食店の現場
  • 近距離での接触の危険にさらされている飲食店の現場

「本当に怖いのは人間」

   4月7日に緊急事態宣言発令が発表された後、大都市圏を中心に様々な業種に行政から休業要請が出されているが、外食関係は営業を続けている場合もある。すると、限られた店舗に多くの客が集中し、かえって混雑が増すケースも出ている。

   例えば、東京都内のケーキ店で働くという女性からの声である。緊急事態宣言後でも人出は減らないどころか、むしろ増えていると語る。店内も混雑する上に、近隣でクラスターの発生が報じられたこともあり、「身近に迫る危険にスタッフ一同気が気ではありません」と緊張している。

   都内のパン屋で働いているとするパート店員も、未だにマスクをしない客や親子連れで訪れ、談笑しながらパンを選ぶ様子にいらだちを隠さない。

「日々増えるお客様は未だにマスクしない、子連れ、談笑しながらパン選びなど、まだまだ不安な職場です。食品という意識より、ただ目の前の美味しそうなパンに目がくらみ、欲に任せて行動する人間の欲を目の当たりにすると、本当に怖いのは人間とつくづく感じます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中