2020年 8月 11日 (火)

サイン盗みに上原浩治氏「喝」も、張本勲氏は異論 「これはね、相手の解読なんですよ」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   米大リーグのサイン盗み問題について、野球評論家の張本勲氏(79)が、TBS系「サンデーモーニング」への出演で、これは相手の解読に当たると解説し、話題になっている。

   「これ、喝入れといて下さい」。2020年4月26日放送の同番組で、出演した大リーグ・レッドソックスOBの上原浩治氏(45)は、こう嘆いた。

  • 張本勲氏
    張本勲氏
  • 張本勲氏

上原氏「機械を使って伝達してたってことですよね」

   番組では、レッドソックスのサイン盗み疑惑で、米大リーグ機構が映像機器を使った不正行為があったと22日に調査結果を報告して処分を行ったことを取り上げた。

「機械を使って伝達してたってことですよね。セカンドランナーに球種を教えて、セカンドランナーからバッターに」

   司会の関口宏氏(76)が日本でもやっていることだからいいのではと聞き返すと、上原氏はこう説明した。

「グラウンド内でやる分には構わないと思うんですけど、機械を使って伝達してたというので、ちょっと問題になってますね」
「これはやってはいけないことですね、本当に」

   そのうえで、上原氏は、「だから、これからルールとして、セカンドランナーは何も伝達してはいけないっというルールをつくって欲しいですね」「ピッチャーとバッターの真剣勝負っていうのをそのまま楽しんでほしいなって思いますね」と訴えた。

   ここで、関口氏が「本当はそうあるべきだけど、張さんどうお考えですか?」と水を向けた。すると、張本氏は、こう持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中