2020年 10月 20日 (火)

「暇だから機種変更」「家族総出で...」 「不要不急の来店」で疲弊する携帯ショップ店員

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの携帯キャリア3社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて各販売店での営業時間を短縮し、携帯電話・スマートフォンに関する手続きはオンラインサイトを活用するよう利用者に呼びかけている。

   ただ、業界全体で店舗の営業そのものを取りやめるような動きは出ていない。J-CASTニュースの情報提供フォームなどには、販売店で働く店員から「不要不急の来客」が絶えないことに対し疲弊の声があがっている。

  • 都内のソフトバンク店舗。来店を「予約制」にするなどの対策を掲示していた(1日撮影)
    都内のソフトバンク店舗。来店を「予約制」にするなどの対策を掲示していた(1日撮影)
  • 都内のソフトバンク店舗。来店を「予約制」にするなどの対策を掲示していた(1日撮影)

ソフトバンクとドコモは業務を限定

   携帯キャリア3社の公式サイトには、現在の販売ショップの対応が掲載されている。

   ソフトバンクは2020年4月17日からソフトバンクショップとワイモバイルショップの営業時間を短縮し、21日からは店舗業務を「スマートフォンや携帯電話などの修理、機種変更および新規契約」の受付に限定している。機種変更と新規契約については21日から、オンラインショップ上での手続きに必要な事務手数料を無料化し、積極的な利用を呼びかけている。

   NTTドコモは4月8日からドコモショップの営業時間を短縮している。21日からは業務を「故障」「故障に伴う機種変更」「新規契約」「付属品販売」などに限定。これら以外の手続きは、原則ウェブサイト上で受け付けるとしている。

   KDDIも全国のauショップの営業時間を短縮している。業務内容については、スタッフ出勤数によって「初期設定やSIMロック解除などの各種サポート対応をお断りさせていただく場合がある」とするものの、他2社のように明確な業務の限定はしていない。また、来店客には「マスクの着用」「検温」を求め、「不要不急のご来店はお控えいただき、可能な限りオンライン手続きのご利用をお願い致します」と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中