2020年 10月 20日 (火)

早稲田大学、11日から全面オンライン授業も... 学費などめぐりなお議論

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   早稲田大学は2020年5月7日、現在実施している教職員の在宅研究・在宅勤務およびキャンパス立入禁止措置を延長すると発表した。

  • 早稲田大学公式サイトより
    早稲田大学公式サイトより
  • 早稲田大学公式サイトより

オンライン授業への準備を進めるも学生からは授業料減額を求める声

   4月14日の発表で、5月11日以降の授業は全面的にオンラインで行う必要があるとの考えを示し、オンライン授業の準備が進めている。しかし、教職員の在宅研究・在宅勤務およびキャンパス立入禁止措置を5月20日から31日まで延長し、これに伴い図書館も、4月8日から5月31日まで臨時休館を行っている。教職員には、在宅で準備を行うようにも呼び掛けている。

   しかし、通常とは異なりオンラインで授業が行われることや、図書館などすべての施設が利用できないことなどからか、学生の一部からは学費(授業料ならびに実験実習料等)の減額を求める声もあがっている。 これに対して、早稲田大学は5月5日、公式サイト上で「早稲田大学の学費に関する考え方について」という田中愛治総長の声明を発表し、学費および実験実習料の減額を行わないと明言した。この発表では、学費の内訳には図書館含む多数の施設の維持費や学習支援システムの設備投資も含まれることや、困窮した児童には奨学金などの対応を行うことも述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中