2020年 6月 3日 (水)

懐刀が語る「名将・野村克也」 長髪・ヒゲ禁止、TV出演推奨...「野村野球」はコロンブスの卵だった

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の名将・野村克也氏が亡くなってから3カ月が経とうとしている。南海ではプレイングマネジャーとしてチームを指揮し、ヤクルトでは4度のリーグ優勝、3度の日本一を達成し、日本プロ野球史に残る名将として知られる。

   J-CASTニュース編集部は、ヤクルト、阪神、楽天で野村氏の懐刀としてコーチを歴任した松井優典氏(69)を取材し、側近から見た「野村野球」について聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

松井氏の印象に強く残るユマキャンプでの「研修会」

   松井氏が野村氏に出会ったのは南海時代だった。松井氏は1968年にドラフト3位で南海に入団。70年から野村氏がプレイングマネジャーとして監督に就任し、松井氏は野村氏のもとでプレイヤーとして指導を受けた。その後、松井氏はヤクルトに移籍し、現役引退後はヤクルトの球団スタッフとして残留。野村氏がヤクルトの監督に就任後は2軍監督、1軍チーフコーチなどを歴任。阪神、楽天でも同様にコーチとして野村氏を支えた。

   野村氏との数多くの思い出のなかで、松井氏の印象に残っているのは、野村氏がヤクルトの監督に就任した直後に行ったユマ(米アリゾナ州)キャンプだという。練習後、連日1時間ほどミーティングが行われ、野村氏が黒板に向かい、選手がノートを取る。「研修会」と称して行われたミーティングは、当時のプロ野球界では珍しいもので、松井氏の印象に強く残っているという。

「研修会の初めの頃は野球に関することよりも『人間とは』『人生とは』といった哲学的なテーマが多かったです。徐々に野球に関するテーマに移行していき、選手は自分が納得のいく言葉に大きな関心を寄せ、目の色が変わってくるのが分かりました」(松井氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中