2020年 6月 7日 (日)

同人作家やコスプレイヤーも対象 台湾の補助金システムに注目集まる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

現職議員にコスプレイヤーもいる台湾

   これらは会社員やアルバイトなどに従事し、副業として同人・コスプレ活動を行っている者は対象外となっており、あくまでも専業の同人作家またはコスプレイヤーとして生計を立てている人々のための支援であることが明記されている。とはいえ、この他にも数々の補助金を手厚く用意しているため現状「全く補償がされていない」というケースは少数だろう。

   コスプレイヤーとしても活躍している立法議員(日本でいう国会議員)頼品妤氏をはじめ、「台湾動漫祭」に蔡総統が来場したほか、行政院長・蘇貞昌氏の公式フェイスブックでは人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」画像が登場するなど、漫画、アニメ、ゲーム産業に明るいイメージのある台湾。5月20日に就任式典を行った蔡総統は「どの産業も決して見捨てない」と宣言したが、その範囲は同人・コスプレ活動にもわたるようだ。

(フリーライター 室園亜子)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中