2020年 10月 22日 (木)

界面活性剤で押さえておきたい「安全上の注意点」 経産省「5種がコロナ消毒に有効」だが...

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   経済産業省は2020年5月22日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防について、5種の界面活性剤で消毒ができると判断したことを発表した。実際に有効性の調査を進めていた独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)は、有効成分が含まれる具体的な商品名・メーカー名をリストアップした資料を公開しており、花王の「バスマジックリン」などが含まれる。

   この結果を受け、経産省とNITEは消毒方法のポスターを制作。「手指・皮膚には使用しないでください」「スプレーボトルでの噴霧は行わないでください」といった安全上の注意をあわせて告知している。

  • 経産省とNITEのポスター1枚目
    経産省とNITEのポスター1枚目
  • 経産省とNITEのポスター2枚目
    経産省とNITEのポスター2枚目
  • 経産省とNITEのポスター1枚目
  • 経産省とNITEのポスター2枚目

「消毒方法の選択肢が広がることが期待できます」

   経産省は、家庭や職場で不足が続くアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、NITEに調査を要請していた。これを受け、NITEは国立感染症研究所や学校法人北里研究所と共同し、検証試験を進めていた。

   NITEは22日の発表で、次の5種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに有効と評価したことを発表。「これらの物資は住宅・家具用洗剤等に使われており、今回の検証で、新型コロナウイルス対策のための家庭や職場における消毒方法の選択肢が広がることが期待できます」としている。

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
・アルキルグリコシド(0.1%以上)
・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

   NITEはこれらの界面活性剤が含まれる製品もリスト化して公表。花王の「バスマジックリン」「トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー」、ライオンの「ママレモン」、P&Gの「ジョイ コンパクト」、サンスターの「輝き洗剤 キーラ」など、100製品以上を具体的にあげている。なお、製品のラベルやウェブサイトなどでも、成分として含まれている界面活性剤が確認できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中