2020年 8月 15日 (土)

横浜ベストナインを齊藤明雄氏が選出! 現役からは誰が?悩みつつセレクトしたのは...

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「ピッチャーからすると的が大きく見える」

   捕手は齊藤氏が現役時代にバッテリーを組んだ谷繁元信捕手を選出。選手として横浜、中日でプレーし、通算3021試合出場、2108安打を記録。6度のゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞など数多くのタイトルを獲得した。

「谷繁選手は体が柔らかく、キャッチングが非常にうまかった。手首が柔らかいため、ミットを構える時にミットが立っていました。ピッチャーからすると的が大きく見えるのでとても投げやすい。決して体は大きくはありませんでしたが、体が強かった。長く現役でやれたのも体の強さがあったからだと思います。誰も抜くことが出来ないと思っていた野村(克也)さんの記録(通算3017試合出場)を抜いたのですから本当にすごいですね」(齊藤氏)

   1塁手は悩んだ末に松原誠選手とした。齊藤氏は、松原選手、ジム・パチョレック選手、駒田徳広選手を候補に挙げ、最終的に松原選手に決めたという。「これはかなり悩みましたが私の印象では松原さんです。松原さんのグラブさばきは素晴らしく、開脚してワンバンドを捕球する姿は非常に印象的です」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中