2020年 7月 14日 (火)

テラハ誹謗中傷は「対岸の火事」なのか 恋愛リアリティー番組「危険な演出」に識者警鐘

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女子プロレスラーの木村花さんが、22歳で亡くなった。木村さんは、動画配信大手ネットフリックスやフジテレビの人気番組『テラスハウス』に出演し、死去当日には自身のSNSで誹謗(ひぼう)中傷に苦しんでいたことを示唆していた。

   テラスハウスは「恋愛リアリティー番組」ブームの火付け役として知られ、以降、同様の番組が相次いで制作されている。

   テレビ事情に詳しい専門家は、恋愛リアリティー番組の出演者が非難を浴びるのは制作側にも責任の一端があるとし、早急の対応を訴える。

  • テラスハウスHPより
    テラスハウスHPより
  • テラスハウスHPより

アマゾン、Abemaも参入

   木村さんは、若年層を中心に人気を集める恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演し、番組内での言動に対するSNS上の批判に悩んでいたとみられている。与野党の国対委員長は2020年5月25日、こうしたネット上での誹謗中傷について、匿名発信者の情報開示などの対応について協議することに合意した。

   テラスハウスは「台本のない男女6人の新たな青春の日々」をコンセプトに2012年から放送開始。シェアハウスで暮らす男女の生活を映した「リアリティー番組」をうたい、木村さんは19年から出演していた。

   元テレビ朝日プロデューサーで、インターネットテレビ局「AbemaTV」の立ち上げにも参画した鎮目博道(しずめ・ひろみち)氏は25日、J-CASTニュースの取材に、「恋愛リアリティー番組のブームに火をつけたのは、日本ではテラスハウスなのは間違いない。その成功例がテレビ業界内で話題になり、他社が一斉に真似をした」「お年寄りしかテレビ番組を見なくて苦しんでいる中、恋愛リアリティー番組はテレビには珍しく、若い人が見るコンテンツだ」と話す。

   インターネット通販のアマゾンジャパンは、17年からオリジナル番組「バチェラー・ジャパン」を配信した。一人の男性をめぐって多くの女性が奪い合う恋愛リアリティー番組で、現在、シーズン3まで作られるヒット作となった。

   「AbemaTV」も、高校生の恋愛模様を描いた『オオカミくんには騙されない♡』『今日、好きになりました。』『恋する♥週末ホームステイ』など数多く制作し、サイト上ではアニメや映画とともに「恋リア」のカテゴリーを用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中