2021年 8月 1日 (日)

柴咲コウ、事実と異なる記事には「法的措置も」 種苗法発言に改めて言及

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女優の柴咲コウさんが2020年5月27日、ツイッターを更新し、種苗法改正法案についての自らの発言について改めて言及した。自身の発信について「事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」との姿勢を示している。

   柴咲さんと種苗法をめぐっては、4月30日の投稿がきっかけでインターネット上で同法案への慎重論が高まったとされる(後に一部を削除)。その後与党は今国会での改正を見送る方針を示唆したことが報じられている。

  • 柴咲コウさん(2017年撮影)
    柴咲コウさん(2017年撮影)
  • 柴咲コウさん(2017年撮影)

「意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利」

   柴咲さんはツイッターにメモ画像2枚を投稿。「今回のことに限らず、例えば学校や会社などで何かを決めるときに、誰か一部の人の意見で物事が決まっていってしまうと、残された人の懸念や不安が置いてきぼりになってしまいます。意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です。賛成、反対だけでなく、その間にある声も聞きながらベストを探っていく。その時間が必要だと思うのです」と議論の必要性を訴えた。

   「そうしていくことによって、当初のものよりも、より磨かれて抜け目のない強い決定になっていくはずです。一筋縄ではいかないことだからこそ、たくさんの知恵と意見が必要だと思います。伝統野菜を作っている農家さん、家族でこだわりを持って営んでいる農家さんが、未来に笑顔で仕事ができるように祈っています」と農家への思いもつづった。

   自身の発信について、「私は完璧な人間ではないので誤字脱字ミスも起こします。適切でないものは今回のことに限らず気づいた段階で削除し言い直したり更新しています。(もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃったら申し訳ないです。)」との姿勢を示したうえで、「しかし事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」と訴訟を辞さない考えも明かした。最後に「様々な人が健全にオープンに物事を語り合える高尚な社会をこれからも期待します」としている。

毎日新聞「柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大」

   種苗法は日本のブランド農産品の種や苗木が海外流出するのを防ぐため、改正が審議されている。国産いちごの「とちおとめ」が韓国で無断で出回り、品種開発者の権利保護の必要性が高まったことなどが背景にある。

   柴咲さんは4月30日、「皆さん、『種子法』『種苗法』をご存知ですか?」とツイッターに投稿。「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています。自家採取禁止。このままでは日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます。これは、他人事ではありません。自分たちの食卓に直結することです」と、国会審議されていた種苗法改正案について意見を述べた。

   加えて同日、「種の開発者さんの権利等を守るため登録品種の自家採種を禁ずるという認識ですが、何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」と議論の必要性を訴えていた。他のユーザーからの意見に対しても「もっと様々な意見を持ち上げて議論して決めていくことだと思います あらゆる角度から見ないといけませんよね 育成者、農家、消費者」としていた。

   柴咲さんの投稿後、ネット上でも種苗法改正案について慎重論が高まった。5月20日には自民党の森山裕国対委員長が、今国会での改正案成立を見送る方針を示唆したことが報じられた。毎日新聞が20日、「『種苗法改正案』今国会成立を断念へ 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大」と報じるなど、柴咲さんの発信が影響を与えたとされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中