2020年 8月 15日 (土)

納豆ご飯セット「生涯無料」が呼んだ悲劇 店と客の間に、いったい何があったのか

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」

   口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。また22~23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。

   FAAVOを運営するCAMPFIRE(本社・東京都渋谷区)の利用規約では、16条「リターンの提供」の5項で「購入型プロジェクトの場合、リターンの変更や中止はできません。プロジェクトオーナーは、やむを得ない事情によりリターンの内容の変更等が必要である場合には、自己の責任で支援者の個別の同意を得るものとし、同意を得られた範囲内においてのみリターンの変更を行うものとします」と、原則としてリターンの変更ができないことを定めている。

   令和納豆公式ツイッターは23日、「応援してくださっている皆さま、ご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。『利益目的で無料パスポートを一方的に取り上げられた。』というロコミがございます」としてネット上の騒動について言及。次のように説明した。

「結論といたしまして、今後の無料パスポートのご利用に関しましては、今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能ですので、ご安心ください。また、無料パスポートをお持ちの方で、ご希望された方には店頭にてスタッフより再度利用規約のご説明をさせていただきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中