2020年 11月 28日 (土)

発言者の特定「それほど意味があるとは思ってない」? 速記録は真っ黒、議事録なしの専門家会議

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   新型コロナウイルス対策を話し合う政府の専門家会議について、速記録の情報公開請求をしたところ、委員の発言部分が「真っ黒」な状態で開示されたとブログで報告があり、論議になっている。

   専門家会議には議事録がないことも分かっており、政府は、「作成すると自由な意見が阻害される」などと説明している。こうしたことは、「歴史的緊急事態」にふさわしいのかどうか――。

  • 安倍晋三首相とともに会見に臨む専門家会議の尾身茂副座長(5月4日撮影)
    安倍晋三首相とともに会見に臨む専門家会議の尾身茂副座長(5月4日撮影)
  • 安倍晋三首相とともに会見に臨む専門家会議の尾身茂副座長(5月4日撮影)

内閣官房から請求者に「議事概要でよいか?」との電話

   「また『のり弁』かよ」「コロナ対策の会議で何をそんなに隠すことが......」。専門家会議の2回目開催について、速記録が「真っ黒」だったことが2020年5月29日にツイッター上で報告されると、こんな驚きの声が上がった。

   情報公開請求をしたのは、新型コロナの現状についてブログを書いているお笑いコンビ「おしどり」のマコさん(45)だ。マコさんは、震災後にまず原発について発信を始め、19年夏の参院選比例区で立憲民主党から立候補したこともある。

   ブログによると、マコさんは、2月25日にそれまで3回あった専門家会議の議事録について、内閣官房に情報公開請求をした。3月4日に内閣官房から「議事概要でよいか?」との電話があったが、あくまで議事録を求めたところ、4月28日に2回目開催の速記録について開示の決定を受けた。しかし、「率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ等があるものが記録されている部分」については非開示となっていた。

   5月6日に速記録の開示請求をすると、5月28日に38ページの文書が送られてきたが、委員の発言部分は黒く塗られ、司会進行と資料説明だけが開示されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中