2020年 7月 9日 (木)

プロ野球「試合数減」新人は受難か 「チャンス少なくなる」との声が出る理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新型コロナウイルスの感染が収束したのを受け、プロ野球の開幕日が2020年6月19日に決定した。

   本来なら3月20日の開幕予定だったが3カ月遅れとなり、ある球団の首脳陣は起用法について渋い表情を浮かべていた。

  • 観客席を沸かすようなニューパワーは出るか(イメージ)
    観客席を沸かすようなニューパワーは出るか(イメージ)
  • 観客席を沸かすようなニューパワーは出るか(イメージ)

「今年はそんな余裕はない」

「レギュラーシーズンは120試合ぐらい? 例年より20試合以上少なくなるので、開幕から負けが込んだら取り返しがつかなくなる。春先は新人や若い選手を使って戦力になるか見定めるけど、今年はそんな余裕はない。ある程度経験値のある選手を優先して使うことになるし、新人に与えるチャンスは少なくなると思う」

   5月下旬から各球団は2カ月ぶりに実戦を再開。経験のある選手は技術の引き出しがあるため対応できるが、新人は2カ月以上のブランクに戸惑いが隠せないだろう。1月の新人合同自主トレから始まり、2月の合同自主トレ、オープン戦と段階を踏んでコンディションを上げてきた。3月20日からの開幕だったら万全の状態で迎えられたが、この2カ月で暗転してしまうケースも珍しくない。

   DeNAのドラフト2位左腕・坂本裕哉(立命大)もその一人だ。3月13日の日本ハム戦(札幌ドーム)で4回無失点、21日の巨人との練習試合(東京ドーム)でも3回1安打無失点の快投でアピールした。予定通りの開幕だったら、先発ローテーションに入っていただろう。しかし、コロナ禍で開幕延期となり、5月28日の紅白戦で久々のマウンドで2回5失点の乱調。開幕1軍が遠ざかってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中