2020年 10月 23日 (金)

東京湾のレストラン船「ヴァンテアン」が6月末で事業撤退 コロナ休業影響、「さよなら運航」もなし

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京湾のレストランクルーズ船「ヴァンテアン」を運航する東海汽船の子会社・東京ヴァンテアンクルーズ(東京都)が、新型コロナウイルスによる経営悪化を受け2020年6月30日をもって事業から撤退する。

   披露宴会場や「全国高等学校クイズ選手権」(日本テレビ系列、以下:高校生クイズ)の舞台で知られ、ツイッター上では「もう乗れなくなるのが残念」など悲しみの声が聞かれている。

  • 「ヴァンテアン」コロナ余波で事業撤退(画像はヴァンテアン公式サイトより)
    「ヴァンテアン」コロナ余波で事業撤退(画像はヴァンテアン公式サイトより)
  • 「ヴァンテアン」コロナ余波で事業撤退(画像はヴァンテアン公式サイトより)

4月8日から臨時休業

   フランス語で数字の「21」を意味するヴァンテアンは、21世紀を目前にした1989年に運航を開始。レインボーブリッジやお台場など東京の臨海部を周遊しながらフレンチ料理を食事できるのが特徴で、宴会や結婚式の会場としても人気があった。「高校生クイズ」決勝の舞台としても知られ、過去に6度、インテリ高校生による船上での早押しクイズが広げられた。

   20年2月には横浜市に停泊していた英国船籍のクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」で集団感染が起こったが、ヴァンテアンでは「外気を取り入れて船内の空気入替」「接客スタッフのマスク着用」など感染対策をした上で運航を継続。しかし、都の緊急事態宣言発令を受けて4月8日から臨時休業に入っていた。

   東京ヴァンテアンクルーズの広報担当者に取材すると、都の緊急事態宣言は5月25日に解除されたものの、「コロナが完全に収束していなかった」「集客が回復する見込みがなかった」ことを理由に、その後も休業を続けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中