2020年 8月 11日 (火)

児嶋一哉「僕がちゃんと相方として言っとけば...」 涙声の「後悔」と相方・渡部へのメッセージ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんは、2020年6月12日放送のラジオ番組「GOLD RUSH」(J-WAVE)に出演し、相方・渡部建さんに代わって渡部さんやスキャンダルについて言及し、謝罪した。

  • 渡部さんはどう聞いたか(2017年)
    渡部さんはどう聞いたか(2017年)
  • 渡部さんはどう聞いたか(2017年)

「『児嶋だよ!』言ってる場合じゃない」

   渡部さんは複数女性との不倫や、出演するテレビ各局などに番組出演の全面自粛の申し入れを行ったことが報じられている。児嶋さんはいつ渡部さんの一件について言及するかが注目を集めている。

   そんな中渡部さんが「ナビゲーター」を務めるGOLD RUSHは、12日の放送について活動自粛を受けて「ナビゲーターは、アンジャッシュ 児嶋一哉が代演となります」と、11日に公式ツイッターで発表。13日に放送されるテレビ番組「王様のブランチ」(TBS系)で児嶋さんが謝罪を行う方針であることも報道されている中、先んじて渡部さんについて謝罪を行った。

   番組が始まると、「どうも、アンジャッシュの児嶋一哉です」とあいさつした。4回目の出演となる児嶋さんは、これまでのオープニングでボケとして「アンジャッシュ・オーシマ!」と紹介されることがあったことに触れ、「(今までだったら)児嶋だよ!で始まるんですけど、流石に今日はないっすよね。『児嶋だよ!』言ってる場合じゃないですよ本当に」とし、渡部さんの一件について語り始めた。

   児嶋さんは歯切れ悪い様子で「うちの相方渡部ですね、不倫をしまして。笑えない、タチが悪い、気分が悪い相方から見ても、気持ち悪い、不倫をしまして」と、スキャンダルについて紹介した後、少しばかり涙声のようになり、「すいません」と小さくつぶやいた。そして、

「本当にバカですね。大バカで。もう調子に乗ってたんでしょうね。もう仕事も上手くいくし。プライベートも順風満帆だし。もう天狗だったんですよね」
「人の痛みとか、思いやりとか、優しさとか、愛とか、もうそういうのがないんですよ。だからこういうことになるんですよ」
「浮気した方々だけではなく、スタッフさんとかに対する態度、芸人仲間に対する態度。まあ言わしてもらえれば僕に対する態度。やっぱ振り返ればダメですよあいつは。お前なんでそんな、ひどい傷つくようなことを平気で言うんだと」

と、渡部さんの言動に言及した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中