2020年 7月 9日 (木)

北京がコロナ第2波で再び「戦時状態」 感染者ゼロで緩和5日後の急拡大

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新規感染者ゼロを56日間守り続けてきた中国の北京で、再び新型コロナウイルスの感染者が確認された。2020年6月11日から16日までの5日間で106例の感染があり、市内9区に拡大している。16日には、朝陽区、豊台区、門頭溝区、大興区の4つの区で「戦時状態」に入ったと発表された。

   北京市は16日深夜、首都空港と大興空港から各省への航空路線の就航を見合わせるか、一時的に停止すると発表した。それに伴って、北京と一部の省を結ぶ長距離バス路線も営業を中止した。さらに、地下鉄やバスの本数も急速に減少し、住宅団地は封鎖され、学校などの公共施設の使用も停止された。

  • 北京空港では、すべての乗客が飛行機に乗る前に、スマートホンの健康証明用バーコードをスキャンして、新型コロナに感染していないことを確認する。レストランやホテルでも同じだ(2020年6月16日、筆者撮影)
    北京空港では、すべての乗客が飛行機に乗る前に、スマートホンの健康証明用バーコードをスキャンして、新型コロナに感染していないことを確認する。レストランやホテルでも同じだ(2020年6月16日、筆者撮影)
  • 北京空港では、すべての乗客が飛行機に乗る前に、スマートホンの健康証明用バーコードをスキャンして、新型コロナに感染していないことを確認する。レストランやホテルでも同じだ(2020年6月16日、筆者撮影)

卸売市場のまな板からウイルス

   約20万人に対するローラー作戦による徹底調査が実施されているが、感染を抑え込めなかったことで、北京市のある副区長など4名のリーダーが免職処分を受けている。

   実は北京市は6月6日午前零時に「突発的な公衆衛生事件」への緊急対応レベルを2級から3級に緩和したばかりだった。それからわずか5日後の11日、このような緊急事態が発生したため再び2級に戻した。

   新型コロナウイルスの流行以降、感染状況について信頼できる情報を発信している上海市復旦大学付属華山病院感染科の張文宏部長は、今回の事態について、中国中央テレビ(CCTV)の取材に対して、北京は良いニュースと悪いニュースの両方をもたらしたと見ている。

「良いニュースは、全ての病例がいずれも『新発地卸売市場』に関係しており、感染経路の分からない病例がないため、ウイルス拡散の初期から抑制対策が講じられることだ。現在の処置の意気込みと速度からすると、今回の新型コロナは制御可能だ」

   張部長は続けて言った。

「悪いニュースとしては、新発地市場の荷物取扱量は驚くべきものであり、今後新たな大流行が起きるのか、今はまだ分からないことだ」

   2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)は、小さなタヌキに由来するといわれる。2020年1月には、武漢での新型コロナに関する調査で、地元のウイルス研究所は、ウイルスがまずコウモリの体に宿って、その後、人に感染するという研究論文を公表している。

   そして今回、北京に襲来する新型コロナは、真偽不明ながら、ヨーロッパから輸入されてきた三文(サーモン)に関係すると噂されている。

「陸(タヌキ)、空(コウモリ)の後、海(サーモン)からも奇襲してきたか」

   北京市民はまじめに噂を流している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中