2020年 12月 5日 (土)

巨人と阪神、明暗分けた「2つのポイント」 3連勝/3連敗の差はどこにあったか

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   プロ野球公式戦が2020年6月19日、セ・パ両リーグで開幕した。セ・リーグではリーグ連覇を目指す巨人が東京ドームで阪神を迎えて3連戦。開幕戦はエース菅野智之投手(30)が先発のマウンドに上がり阪神を3-2で破り、第2戦、第3戦を取って3連勝を飾った。

   阪神との開幕同一カード3連戦での3連勝は史上初。開幕カードで両チームの明暗を分けたものは...。J-CASTニュース編集部は、巨人の元戦略コーチ・橋上秀樹氏(54)に分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

最大のポイントが開幕戦の7回裏の攻防

   橋上氏がこの3連戦で最大のポイントと指摘するのが、開幕戦の7回裏の攻防だ。阪神は好投を続けていた先発・西勇輝投手(29)から岩崎優投手(29)への継投策を取った。これに対して巨人ベンチも動いた。小林誠司捕手(31)に代打を送り、打席には石川慎吾外野手(27)が入った。

   石川がベンチの期待に応えライト前に運ぶと、ここでも巨人ベンチが動く。石川の代走に増田大輝内野手(26)を送り込み、菅野の代打に湯浅大内野手(20)を起用。湯浅がきっちりと送りバントを決め1死2塁の場面で吉川尚輝内野手(25)がインコース低めのストレートをライトスタンドに叩き込み逆転2ラン。これが決勝点となって巨人が開幕戦を飾った。

「7回の場面で阪神ベンチは勝利の方程式として岩崎投手をマウンドに上げました。西投手の続投という選択肢もあったでしょうが、西投手は100球近く投げていましたし、岩崎投手の方が確実に抑えられると判断したと思います。対する巨人は代打の石川選手がヒットを打って、同じく代打の湯浅選手がしっかりと送った。原監督の采配が次々はまって吉川選手のホームランです。阪神の采配は間違ってはいないと思いますが、野球は結果の世界。ベンチワークの差が出たと思います」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中