2020年 7月 15日 (水)

「バースは再来しない」不振のボーアに虎党悲痛 矢野采配にも不満の声が...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の阪神ジャスティン・ボーア内野手(32)の調子が一向に上がらない。

   阪神は巨人と東京ドームで開幕3連戦を行い屈辱の3連敗。「4番・ファースト」で開幕スタメン出場したボーアは開幕3試合で12打数無安打に終わった。不振の続く主砲に代えて2軍で調整中のジェリー・サンズ外野手(32)をファーストに起用する案も出ており、ボーアとサンズの入れ替えの可能性も出てきた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「バースの再来と呼ぶのはもうやめて」

   巨人との3連戦で沈黙したボーア。開幕3戦目には4番から6番に打順が「降格」するなど早くも窮地に立たされている。来日以降、「バースの再来」とされ周囲の期待が大きかった分、批判的な声は強まる一方だ。プロ野球評論家から容赦ない批評がなされ、虎党からは同情の声が上がるほどだ。

   開幕3試合では、巨人はボーアシフトを敷き、勝負所で左の高木京介投手(30)を起用。2試合連続でこの采配がズバリはまった。第2戦では外角のカットボール、ストレートに全く手が出ず球筋を目で追うだけだった。第3戦では再び外角攻めにあい、最後は外角のチェンジアップを引っ掛けてセカンドゴロに終わった。

   セ・リーグ球団の関係者から聞こえてくるのは「ボーア与しやすし」だ。元来、苦手としている左投手に対して対応しきれず、ここ一番で凡退するなど勝負強さも見られない。開幕3連戦に限ってみれば「バースの再来」と呼ばれるほどの大物の片りんは見られない。不振にあえぐ主砲に対して、ネット上では虎党から「バースの再来と呼ぶのはもうやめて」、「バースは再来しない」などの声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中