2020年 7月 15日 (水)

手越祐也「不要不急でした」にネット騒然 外出めぐる弁解はボケか天然か...

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   元「NEWS」の手越祐也さん(32)が2020年6月23日夜、東京都内で記者会見を開き、自身のジャニーズ事務所退所について行った説明に注目が集まっている。

   会見で手越さんは自身の退所に関する顛末について触れたほか、今後の身の振り方についてのビジョンについて説明。また、会見はネットで生放送され、視聴者数が一時100万人を超えるなど大きな話題を呼んだが、その最中のとあるシーンについてネット上で話題になっているのだ。

  • 記者会見に登場した手越祐也さん
    記者会見に登場した手越祐也さん
  • 記者会見に登場した手越祐也さん

「世間は不要不急って言うかもしれないですけど、僕としては不要不急でした」

   注目を集めているのは、会見中、手越さんが緊急事態宣言中に2度にわたって「飲み会をしている」と「週刊文春」に報じられた件(5月21日号および23日配信の「文春オンライン」記事)について本人が釈明しているシーンだ。

   この件について手越さんは、緊急事態宣言下で外出をしてしまったことについて、「3月の段階で事務所に退所を申し出てしまっており、その後、事務所からリターン(返答)がない状況で、いつ退所になるかが分かない状況だった」としつつ、「準備を少しでもしておきたかった」と、外出してしまった理由ついて説明。加えて、「自分自身で判断して、外出しました」とも明かしたが、その後に放った一言が、これらの発言を聞いていた者たちを困惑させたのだ。

   手越さんは事務所退所について、「1日、2日で決めたものではない」「準備は徹底的にやっておかないといけない」と説明。それに続けて、

「世間は不要不急(の外出)って言うかもしれないですけど、僕としては不要不急でした」

と説明。しかし、上記の文章、見ての通り、「かもしれないですけど」の後に「でした」が続いており、逆説を受ける形にはなっていないのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中