2020年 7月 15日 (水)

桜井日奈子の「ゆるさ」全開 動画への注目度が急上昇のワケ

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   女優の桜井日奈子さん(23)について、本人のYouTubeチャンネルが話題だ。

   桜井さんは2019年8月14日にYouTubeチャンネルを開設。19日には、本人の楽曲「花と毒薬」のミュージックビデオが掲載され、その後も本数は少ないながら不定期に更新が続いてきたが、20年5月後半から更新頻度が加速。このため、芸能人のYouTubeアカウントの中で存在感が増し始めている。

   さらに、6月1日には「【緊急会議】日奈子のチャンネル名決めを行います!」とのタイトルでチャンネル名をユーザーから公募。「そういえば、まだYouTubeのチャンネル名を考えていなかったなーということに気付きました」と微笑む桜井さんがチャンネル名を募集すると、その4日後には初の生配信が行われ、桜井さんが、チャンネル名が「どこでもひなこ。」に決まったことを発表した。

  • 桜井日奈子さん(2019年撮影)
    桜井日奈子さん(2019年撮影)
  • 桜井日奈子さん(2019年撮影)

「『仲が良かった』......今でも仲がいいですよ」

   その後も桜井さんは頻繁に新動画を投稿。5日には「ゆるーくふわふわの卵焼き作って食べました」とのタイトルでも、自身が卵焼きを作る様子を撮影した動画をアップ。「みなさんこんにちは。桜井日奈子です」と挨拶する桜井さんは題材に卵焼きを選んだ理由として、「卵焼きが私は大好きなので」とニッコリ。やや散らかり気味の台所ながら手際よく調理を勧め、フワフワの卵焼きを完成させると自室に持ち込んでおいしそうに頬張ったのだった。

   また、12日には「子どもの顔で子どものころのおもいで」とのタイトルで、子供風の顔に動画加工された桜井さんが、自身の子供時代を振り返る動画を公開。「3人兄弟で、年が近かったので、すごく仲が良かったです」と明かしつつ、「『仲が良かった』......今でも仲がいいですよ」と、変な聞こえ方になりかねない点に自らツッコむなど、コミカルさあふれる仕上がりとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中