2020年 12月 6日 (日)

プロ野球「録音」応援歌、なお続く賛否 何もない方が「真剣勝負」感出ていい?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   新型コロナウイルスの影響により、2020年6月19日から史上初の無観客試合で開催されたプロ野球で、一部の球団がホームスタジアムで録音された「応援歌」を流していることに賛否両論の声が上がっている。

  • 無観客試合の盛り上げに苦慮(イメージ)
    無観客試合の盛り上げに苦慮(イメージ)
  • 無観客試合の盛り上げに苦慮(イメージ)

ロッテ吉井コーチが議論に一石

   巨人は東京ドームで開幕した阪神との3連戦で、走者が得点圏に進むとファンの応援やチャンステーマの録音が流れて、球場に大観衆が詰めかけたような臨場感に包まれた。ソフトバンクも同様に、本拠地PayPayドームで開幕2戦目から攻撃時に応援歌を流し、3戦目は打席に立つ選手ごとに応援歌を流すように工夫を凝らした。

   だがこの手法に異を唱えたのは、ソフトバンクと開幕3連戦で対戦したロッテの吉井埋人投手コーチだった。今月22日に自身のブログを更新。「無観客に慣れたのか、ホームチームが攻撃の時に流す録音された声援や応援の音がものすごく耳障りでした」と違和感を明かした上で、「やはり、本物の声援や応援がいいです。早く、ファンの皆さんと球場で盛り上がりたいです!」とファンが球場で観戦できる環境が1日も早く実現することを待ち望んだ(無観客試合の「録音応援」は耳障り... ロッテ吉井コーチの正直すぎる感想に「やっぱり違和感あるのね」)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中