2020年 7月 13日 (月)

学長が開学直前、コロナに倒れた― 生死をさまよった体験から、リーダーは何を得たか【#コロナで人生変わった】

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   志をもって新事業の準備を進め、いよいよ船出を迎えようとしていたその直前に、新型コロナウイルス感染が発覚し、ICU(集中治療室)に入室――そんな急転直下を経験した男性がいる。一般社団法人S.E.Aの中田仁之(ひとし)代表理事だ。同法人は、アスリートのセカンドキャリアを支援する「日本営業大学」の開学を控えていた。

   生死の狭間をさまよった中田氏。無事に退院した時、強く抱いたのは「周囲への感謝」だった。そしてこうも言う。「自分はこの事業をやるために回復したのだと思います。覚悟が決まりました」。感染前後、中田氏と法人に何が起きていたのか。中田氏が2020年6月2日、J-CASTニュースのインタビューに応じた。

  • 一般社団法人S.E.A代表理事、日本営業大学学長の中田仁之(ひとし)氏
    一般社団法人S.E.A代表理事、日本営業大学学長の中田仁之(ひとし)氏
  • 一般社団法人S.E.A代表理事、日本営業大学学長の中田仁之(ひとし)氏

40度の発熱が続き、PCR検査で陽性

   「何とかあと1週間、4月6日までもってくれと思っていました」。中田氏は40度の高熱が出た3月29日のことをそう振り返る。だが、自宅で数日間療養しても熱は下がらず、かかりつけ医に市民病院の紹介を受けた。4月2日、入院と同時にPCR検査を受けると、4月4日に陽性が判明した。ただ、中田氏自身は高熱で意識が混濁しており、この時点で陽性の事実を知らないままだった。

   中田氏はコロナ禍でもとにかく東奔西走していた。「休める日がありませんでした」というように、走り回らざるを得なかったというほうが正しいかもしれない。S.E.Aは4月6日、「日本営業大学」の開学を予定していたからだ。同法人代表で同大の学長をつとめる中田氏はこの開学直前期、受講生や関係企業などとの調整に追われる毎日を過ごしていた。

   日本営業大学は、スポーツ経験のある人を対象に、ビジネスの場で必要なコミュニケーションスキル、ITスキル、経済の仕組みなどを教育し、さらに企業や社会とつなぐ機関。現役選手でも引退後でも、プロでもアマチュアでも、アスリート歴があれば入学の対象となり、セカンドキャリアを支える。

   単なる就職あっせんではなく、「その手前の協力が大事だと思っています。彼ら彼女らの考え方を変えてあげないと、会社に入ってもすぐに『サードキャリア』の問題に直面してしまいます」と話す中田氏。授業料は入学時でなく、就職後に支払ってもらうなど、職場に定着するまで支える。元アスリートにどうなってもらいたいのか。

「幅広くノウハウやスキルを習得してもらいながら、自己肯定感を向上してもらいたいのです。社会に出ていくことが不安なんです。『自分は野球しかしてこなかった』『私からスポーツを取ったら何も残らない』。そう思っている元アスリートに、『そんなことはない。自分にもできるんだ』と自信を思ってもらいたい」(中田氏、以下同)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中