2020年 9月 29日 (火)

阪神22年ぶり屈辱 開幕3カード負け越しで「暗黒時代」ちらつく

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   プロ野球の阪神は2020年6月28日、横浜スタジアムでDeNAと対戦し1-9の大差で敗れた。

   先発・中田賢一投手(38)が初回2死2塁から3連打を許していきなり3失点。中継ぎ陣も踏ん張ることが出来ず7回にダメ押しとなる3点を失った。打線はDeNA投手陣の前に沈黙が続き、5安打1得点。2回以降は3塁を踏めなかった。チームはこれで開幕から3カード連続で負け越しとなり、1998年以来22年ぶりの屈辱となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

近本、ボーアの不振で得点力望めず

   投打に渡って現状の阪神を象徴するような試合だった。1回、先頭・近本光司外野手(25)が四球を選び、1死から盗塁に成功。先制のチャンスに好調の3番・糸井嘉男外野手(38)が140キロのシンカーをレフト前に運び1点先制した。

   幸先良いスタートを切ったものの、阪神のこの日の得点シーンは初回のみ。4回にはジェフリー・マルテ内野手(29)の2塁打、8回には大山悠輔内野手(25)の2塁打でスコアリングポジションにランナーを進めるもあと1本が出ずDeNAの救援陣に抑え込まれた。

   開幕から9試合を終えてチーム打率はわずか.204で、得点は12球団ワーストの「19」。打線が低迷するなか糸井、マルテが奮闘するも、リードオフマン近本が打率.114まで落ち込む大不振で打線がかみ合わない状態が続き、新外国人ジャスティン・ボーア内野手(32)は相変わらず低迷している。

   投手陣に目を向けると、開幕から先発ローテーションが一回りしたが、枚数的に不安を残す。孤軍奮闘する西勇輝投手(29)、青柳晃洋投手(26)は昨シーズンに続いて安定感を見せるも、新外国人ジョー・ガンケル投手(28)の実力は未知数で、オネルキ・ガルシア投手(30)は投球にムラがみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中