2020年 11月 25日 (水)

「感染防止協力金、休業しても支給されず」 著名カレー店が東京都に苦言

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   東京・渋谷でタレントらも来店する著名なカレー店が、休業要請に応じた中小企業などを対象にした都の感染拡大防止協力金をもらえなかったと、ツイッターで不満を明かし話題になっている。

   その理由についても、都の通知でははっきりしなかったという。協力金の支給状況は、どうなっているのだろうか。

  • 著名カレー店のツイートが反響呼ぶ
    著名カレー店のツイートが反響呼ぶ
  • 著名カレー店のツイートが反響呼ぶ

都の通知では、「支給の要件に合致せず」とのみ書かれ

   この店は、夜営業のところを昼間に「間借り」するスタイルを始めたことで知られる「ケニックカレー」だ。キーマカレーが売りで、2020年3月からは、同じ渋谷で間借りでなく独立した店舗をスタートさせた。

「協力金がもらえないことをツイートしたら、凄いことになっていますね」

   同店の小菅ケニック健一店長は6月30日、J-CASTニュースの取材で、1万件以上もリツイートされた反響ぶりに驚いた。

   都の協力金は、4月16日~5月6日までのすべての期間に休業要請に応じるなどした中小企業や個人事業主などを対象に、1事業所だけなら50万円、2以上は100万円が支給される。同店が公式ツイッターで29日に報告したところによると、新店舗では、20時以降も深夜営業をしていた。その場合は、休業や短縮営業でも支給対象になる。4月16日は、テイクアウトとデリバリーの短縮営業を行ったが、都に確認したところ営業とみなさないとの話だったという。それ以外は、都に協力して休業を続け、協力申し出があった企業名を知らせる都のサイトにも店名が出た。

   ところが、都から通知があった審査結果では、「支給の要件に合致せず」と記され、支給ができないと決定したとあった。知事が適正と認めたときは支給するなどとうたった協力金の事務取扱要綱第6条の1、4項の規定に基づくものだという。

   これに対し、同店のツイッターでは、こう苦言を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中