2020年 10月 30日 (金)

日テレ番組「紛失スマホの悪用防止策」で視聴者混乱 結局どうすれば?キャリア3社に聞いた

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   バラエティ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で、スマートフォン紛失時の悪用防止策として紹介された「SIMカードロック」が波紋を呼んでいる。

   その手法は「PINコード」と呼ばれる暗証番号を設定するものだが、設定時にコードの誤入力を続けるとSIMカードが使えなくなるリスクがあり、ツイッター上では実際に使えなくなってしまった、という報告も相次いだ。日テレの番組サイトは後日、「分かりづらい点がありました」と補足説明を行った。

  • 「SIMカードロック」でトラブル相次ぐ(画像は世界一受けたい授業公式サイトより)
    「SIMカードロック」でトラブル相次ぐ(画像は世界一受けたい授業公式サイトより)
  • 「SIMカードロック」でトラブル相次ぐ(画像は世界一受けたい授業公式サイトより)

ツイッターで「PINロック」報告相次ぐ

   2020年6月27日放送の「世界一受けたい授業」では、元埼玉県警捜査一課で「刑事コメンテーター」の佐々木成三氏が「デジタル犯罪から身を守る方法」を解説。その中で「スマホを落としたとき、悪用されないためにした方がいいこと」として「SIMカードロック」の手法が紹介された。具体的には、スマートフォンの設定画面からSIMカードのロックをオンにし、キャリアごとに決められている「PINコード」の初期設定番号を任意の暗証番号に変更することで、SIMカードの悪用を防げるというものだ。

   このPINコード変更時には、キャリアが決めた初期設定番号の入力を求められる。ソフトバンクなら「9999」、NTTドコモなら「0000」、auなら「1234」だ。しかし、ここでPINコードの入力を3回間違えるとSIMカードが使えない「PINロック」状態になり、ロックを解除するための「PUKコード」(8桁の番号で、確認方法はキャリアにより異なる)が必要となる。さらに「PUKコード」の入力を10回間違えればPINコードを解除することが不可能になり、ショップでSIMカードを再発行する必要が出てくる。こうしたリスクについては、番組では伝えられなかった。

   番組放送後、自身のスマートフォンで「SIMカードロック」を試したとみられるツイッターユーザーからは、「テレビ見てSIMいじってたらロックされちゃって凹んだ」「パスワード間違えてSIMカードにロックかかって死ぬかと思った」と、PINコード設定時の誤入力で「PINロック」状態になってしまったというツイートが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中