2021年 9月 25日 (土)

錦戸亮、横浜流星... 化粧品ブランド起用で「波が来てるのかな」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「男性を起用する化粧品会社が増えててうれしいな」

「DiorにSnowManのラウール、NARSに横浜流星、メイベリンに錦戸亮... 韓国の女性向けコスメブランドに男性が起用されること結構みてきたけど、日本もこういう波きてるのかな それにしてもみんな顔が美しいなぁ、彫りの深さがもう満点なのよ(ため息)」
「日本でも、男性を起用する化粧品会社が増えててうれしいな~~性別問わず、化粧したいときはして、したくないときはしなくて済むような緩々とした社会になるといいね」

   韓国では「LAKA(ラカ)」や「MEDIHEAL(メディヒール)」など複数のブランドが、男性アイドルらを広告に起用している。日本でも2020年に入ってから、こうした動きが進んできている。2月にはクリスチャン・ディオールが、ジャニーズ事務所のアイドルグループ「Snow Man」のラウールさんとのコラボリップを発売。資生堂ジャパンのメイクアップブランド「NARS」も、「NARS ZEN COLLECTION」にダンサーの菅原小春さんとともに俳優の横浜流星さんを起用したと6月に発表した。

   年齢や性別にとらわれず、「綺麗」の追求を肯定する風潮が出来上がってきている。先月には、肌のケアを行った「オッサン」が綺麗になったと言われた、との体験談が4万リツイートを超えた。ツイートには、「性別年齢関係なく、意識が上がりスキンケアをしっかりして肌が綺麗になるって自分も嬉しいよ」、「素敵。美しさや自分を磨くことに若いもオッサンもないし、それで気分まで高まるのならこんなに素晴らしいことはないよね。見習いたい」といったコメントが多数寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中