2020年 11月 28日 (土)

J2甲府の無人スタンドが「壮観」! 広告幕100枚超にあふれる担当者の思い

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   Jリーグ(J2・J3)が新型コロナウイルスの影響による中断期間を経て、2020年6月27日に新たなスタートを切った。

   各クラブは7月10日からスタジアムに観客を入れての試合開催が可能となるが、それまでは無観客試合(通称:リモートマッチ)の開催を求められる。そんな中、J2・ヴァンフォーレ甲府のホームゲームで見られたスタジアムの光景が、サッカーファンの間で話題になっている。

  • スタンド埋め尽くした「広告幕」が話題(写真はヴァンフォーレ甲府提供)
    スタンド埋め尽くした「広告幕」が話題(写真はヴァンフォーレ甲府提供)
  • スタンド埋め尽くした「広告幕」が話題(写真はヴァンフォーレ甲府提供)

「これがリモートマッチの新しい形か」

   注目を浴びたのは、6月27日に山梨県甲府市の山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府対アルビレックス新潟戦の様子だ。スタンドに観客を入れられない「リモートマッチ」となる中、サポーターたちはスポーツライブ配信サービス「DAZN」などを通じて試合の様子を見届けていた。

   そんな中、サポーターたちの目に留まったものがある。無人なはずのスタンドをびっしりと埋め尽くした、色とりどりの「幕」だ。しかし、一般的な試合で見られるような、クラブや所属選手を応援する幕ではない。リモートマッチでのファン・サポーターによる横断幕の掲出は禁止されているからだ。

   目を凝らして幕を見ると「山梨トヨペット」「アーク甲府店」のように、地元山梨にある企業や店舗とみられる名前が書かれている。そう、スタンドを埋め尽くしていたのは、企業による「広告幕」だったのだ。

   このスタンドの様子を目にしたツイッター上のサッカーファンからは、

「あんなふうに(広告が)並ぶと壮観」
「これがリモートマッチの新しい形か」

   と反響が続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中