2020年 11月 27日 (金)

渡部復帰にさんまが動く!? ホンマでっか!?TV徹底イジリで見せた「温情」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   2020年7月1日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)が視聴者の間で話題だ。

   この日のテーマは「八王子市民人生相談」で、タイトルの通り、招かれたゲストは東京都八王子市出身の芸能人ばかり。これらの芸能人が司会の明石家さんまさん(65)や常連パネリストとの間で「地元愛」や「23区民への不満」など、八王子市ならではのトークを繰り広げたが、その一方で、番組中ではたびたび、スタジオに来ていない「とある人物」が原因で、せっかくの八王子市についての話題が明後日の方向に引っ張られてしまうシーンがあった。

  • 渡部さんを救済すべく、さんまさんが動いた!?
    渡部さんを救済すべく、さんまさんが動いた!?
  • 渡部さんを救済すべく、さんまさんが動いた!?

「まだしゃべんなや、渡部!」「児島だよ!」

   番組冒頭、「あのー、八王子じゃなくて個人の人生相談を聞いてあげた方が......」と、さんまさんが苦笑するなか、カメラに抜かれたのは「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん(47=八王子市出身)。すぐ近くにいたヒロミさん(55=やはり、八王子市出身)が、「あれっ? お前、出られるの?」とイジると、児嶋さんは「いいんだよ、俺は出られるの!」とおかんむり。さらに、さんまさんが「まだしゃべんなや、渡部!」と畳みかけると児嶋さんは「児島だよ!」と反応し、スタジオ内は大爆笑に包まれたのだった。

   それもそのはず、この日の収録、本来ならば児島さんの相方である渡部建さん(47)が児島さんと共に出演予定だった(渡部さんも八王子市出身)。

   その渡部さんといえば、6月11日発売の「週刊文春」で、複数の一般女性との不倫を報じられたが、さんまさんはさらに、「(渡部がいない状態で)『渡部』とふって『児島だよ』。こりゃもう最終形態やねん!」と、児嶋さんの「渡部と間違われる」鉄板ネタが究極の進化を遂げたと絶賛したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中