2020年 8月 11日 (火)

室井佑月「病院側は反省すべき」 集団感染コメントが物議、ツイッターでは舌戦も...

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   小説家の室井佑月さんが2020年7月2日の情報番組「ひるおび!」(TBS系)で発言した内容に、批判が相次いでいる。

  • 画像は室井佑月さんのツイッターから
    画像は室井佑月さんのツイッターから
  • 画像は室井佑月さんのツイッターから

「こういう美談を出してきて...」

   話題は新型コロナウイルスの集団感染が3月中旬に発生した永寿総合病院(東京都台東区)の湯浅祐二院長が7月1日に行った会見。起点となった感染者の1人が発熱しつつも、当初は誤嚥(ごえん)性肺炎と診断されるなどして集団感染の発見が遅れた。その後患者やその家族、職員を含め計214人が感染し、患者43人が死亡したとされている。

   番組は新聞の紙面から、永寿総合病院に勤務する看護師の手記を紹介。感染症の影響下で働くスタッフの恐怖と心労や、「頑張れ永寿総合病院 地元有志一同」の横断幕を見て涙したエピソードなどがつづられている。

   また、アパートの強制退去など、看護師への差別が相次いでいることや、約2カ月の外来診療・入院の受け入れ停止で、病院の運営が危機的な状況になっているとした湯浅院長の主張を取り上げた。

   これに対し、室井佑月さんは「ひとこと言っていい?」と前置き、

「医療の現場の人たち、ましてコロナにかかってきた人たちは被害者なわけだから、責めてはいけないと思うし。だけどこういう美談を出してきて...個人は悪くないよ。でも、病院は、その、やっぱり熱が出た人たちがいたりするわけだから、こんなにコロナの患者を出しちゃったっていうことは、やはり責められるべきで。病院側・経営者は反省すべきなんだよね。なんかちょっとすり替えっぽく感じる」

   その後、東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授が、永寿総合病院について「横断幕の話も出てましたけど、地域の人の信頼があって、まさに地域医療を支えてる所」とし、今後も地域医療を支えてほしいとコメントした。これを受け、室井さんは

「でも病院から(感染症が)広がるなんてことはやめて欲しいですよね」

と改めて強調。MCの恵俊彰さんは「広げたいと思ってたわけではないと思うんですね」となだめるような言い方をしたが、室井さんは

「でももっと注意しなければいけなかったと思います」

と続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中