2020年 8月 9日 (日)

演劇のために上京した24歳男性は、コロナを機に就職を決めた 【#コロナで人生変わった】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスで人生に影響を受けた人は数知れない。大好きな演劇を続けたくて、2年前に秋田から東京にやってきたこの男性もその1人。

「予定していた公演がコロナでなくなり、アルバイトも減って、収入は月4万円まで下がりました」

   このままでは生きていけない。選んだのは自分の気持ちを「裏切る」ことだった。彼の人生は、新型コロナを経てどう変わったのか。

  • 取材に応じた佐藤和さん
    取材に応じた佐藤和さん
  • 取材に応じた佐藤和さん

大学1年生で留年、3年生を終えて中退

   「計画性のない人生だったと思います」。佐藤和(なごむ)さん(24)は自嘲気味に振り返る。宮城県石巻市で生まれ育ち、地元の高校から秋田大学理工学部に進学。1年生の時に留年すると、在学4年目となる3年生の年度末で中退した。

「秋田大は入試で2つ志望を選べるのですが、入学できた学科が第2志望で、どうにも勉強に打ち込めなかったんです。それに僕が3年生を終える時、同期は卒業することになります。仲が良かった演劇サークルの友人たちがいなくなって、楽しめるだろうか。不安に思って同期が卒業の時に中退しました」

   その後の人生を考えるにあたり、軸にしたのが演劇だった。「『演劇をずっとやりたい』という気持ちはあって、東京に引っ越すことを決めました」。18年4月に上京。東京を選んだのは「演劇に出られる機会が圧倒的に多いから」で、活動している演劇団体は秋田の100倍ほどあるという。「とにかく舞台にあがりたかった」と話すが、演劇で食べていきたいのか、という問いには「グレー」と答える。

「そうなれたら幸せですが、そのためにはいろんなことを勉強して、場数を踏んで、かつ機会に恵まれる運もないといけないと思います。しかも、それだけ積み上げても演劇だけで稼げる人は少ないです。僕は演劇がただただ楽しくて、ずっと続けたいんです。とはいえ演劇のために東京に飛び出してきているので、それもあまり計画性がないんですが...」

   プロは目指さず、特定の団にも属さず、やりたい時に演劇ができる環境にいたい、というところか。「物事に折り合いがつけられないんです」というように、大学時代は演劇を休んで就職活動する気力もわかず、「演劇しかやってなかった」と言うほど打ち込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中