2020年 11月 26日 (木)

明日からスポーツ「有観客試合」なのに... 東京「224人感染確認」で不安の声も

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   2020年7月9日、東京都の新型コロナウイルスの1日の感染確認者数が過去最多の224人にのぼった。

   翌10日からはプロ野球、Jリーグなどプロスポーツの有観客試合スタートが決まっているが、「東京224人」という数字にスポーツファンから不安の声もあがっている。

  • 7月10日から開始「有観客試合」の行方に不安の声(画像はイメージ)
    7月10日から開始「有観客試合」の行方に不安の声(画像はイメージ)
  • 7月10日から開始「有観客試合」の行方に不安の声(画像はイメージ)

10日から「5000人」上限で開催可能に

   前日8日の東京都の新規感染者数は75人と7日ぶりに100人を下回っていたが、9日は約3倍近い増加となった。午後に各メディアが「224人確認」と報じ、夕方には小池百合子知事も数字を明らかにした。これまでの都の1日の感染者数の最多は、緊急事態宣言が発令中だった4月17日の206人だった。

   感染者数の急増にツイッター上では、「224人はやばくね」「もう自粛生活はいいよ」と驚きや不安の声が相次いでおり、懸念は「プロスポーツ」にも向けられている。政府が感染拡大防止のため求める「イベント開催制限の目安」が7月10日から緩和されるためだ。

   政府が示した目安によれば「プロスポーツ等」は6月19日から「無観客」での試合開催が認められていたが、7月10日からは「5000人」または「収容人数の50%」のいずれか小さい方という条件のもと「有観客試合」の開催が可能となる。また、「コンサート等」「展示会等」は6月19日から「1000人」「収容人数の50%」のいずれか小さい方を収容可能だったが、こちらも上限が「5000人」に引き上げられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中