2020年 9月 19日 (土)

今季データで見る「セ・リーグの主砲」 岡本、村上、ビシエド、鈴木誠也...4番打者が快調

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   プロ野球のセ・リーグの4番打者が好調を維持している。打率部門では、4チームの主砲がトップテンに名を連ね、本塁打でもし烈な争いを展開している。今シーズンは新型コロナウイルスの影響で開幕が3カ月遅れ打者のコンディションが懸念されたが、開幕から各チームの4番が軽快に飛ばしている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

阪神は開幕から3人が4番に

   公式戦開幕から2020年7月16日までのセ・リーグ各チームのスタメンを見てみると、阪神以外の5チームが4番を固定している。巨人とヤクルトはともに若き主砲・岡本和真内野手(24)、村上宗隆内野手(20)が不動の4番に定着。広島、中日は実績のあるダヤン・ビシエド内野手(31)と鈴木誠也外野手(25)が4番に入り、DeNAは佐野恵太外野手(25)が今シーズンから新たに4番を務めている。

   4番を固定しきれていない阪神は、新外国人ジャスティン・ボーア内野手(32)が開幕から2試合連続で4番スタメン出場を果たした。ボーアの調子が上がらず3試合目からはジェフリー・マルテ内野手(29)が4番に。マルテは7月4日まで11試合連続で4番に座ったが、左ふくらはぎの張りで戦線離脱。以降は大山悠輔内野手(25)が4番に入り、阪神打線を支えている。

   開幕から4番に座る5チームの主砲は、ここまで打撃で高い数字を残している。打率のトップテンには、村上が.390で2位に入っており、岡本が.366で3位。これに佐野が続き.364で4位に食い込んでいる。さらに鈴木が.342で6位、ビシエドはトップテンには入っていないものの.304で11位につけている。また、大山は規定打席に達していないが、打率.349と好調をキープしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中