2020年 8月 8日 (土)

自民・麻生派パーティーに批判続出 コロナ禍でも強行した理由とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染が再拡大する中で行われた自民党・麻生派の政治資金パーティーに対し、ネット上で疑問や批判が噴出している。

   感染防止対策は取っているものの、1000人規模の集会への反発は、当然予想されたはずだ。それでも強行した背景には、政界の動きが絡んでいるのだろうか。

  • 麻生太郎氏(2007年撮影)
    麻生太郎氏(2007年撮影)
  • 麻生太郎氏(2007年撮影)

麻生太郎氏は、安倍首相と早めに解散・総選挙を乗り切りたい?

「都民にはGo To トラベルキャンペーンを自粛させて、自身の政治資金パーティーは良いのか」
「今すべきは感染症の法改定などであって、選挙資金を集めることではない」
「関心事は国民より、自分の影響力の維持って事ですかね」

   麻生派のパーティーが2020年7月16日、東京都千代田区内のホテルニューオータニで開かれたとニュースサイトなどで報じられると、コメント欄やツイッター上では、こんな厳しい意見が相次いだ。「ガイドライン通りにやってるんだが、麻生派のパーティーなんで叩いてんの?」と理解を示す向きも一部にあったが、1つ席を開けながらも会場にギッシリ集まった支援者らの写真や映像に嘆く声の方が多かった。

   各マスコミの報道によると、石破派など他のパーティーは、主に9、10月に予定されているが、麻生派のパーティーが先陣を切った。3密を防ぐため、ホテル内で3会場に分散させ、オンライン中継も行った。従来の立食を止めて着席に変更し、飲食物も出さなかった。

   派閥を率いる麻生太郎副総理兼財務相は、「政権のど真ん中で引き続き精進し、政権をしっかり支えてまいりたい」とあいさつし、安倍晋三首相との関係をアピールした。コロナ禍を意識してか、憲法に緊急事態条項を盛り込むべきと明かし、安倍首相から「任期中に憲法改正を成し遂げたい」とのビデオメッセージも流された。政界では、解散・総選挙が関心事になっており、この条項を争点に選挙に挑みたいということなのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中